家で洗えるニットかどうかの見分け方。

15992092_1806685349596444_370167509_o-600x337
15992092_1806685349596444_370167509_o-600x337

ニット製品って家で洗おうか否か迷う時ってありますよね。

たまーにですが、
ニットを家で洗おうと思ってるのですが失敗しない方法を押して!
ってお問い合わせが増えてますのでその時に必ずお伝えする事をブログにして見ました。

私たちの理論ではこう考えてます。

アクリルとポリエステルなどの化繊100%なら家で洗っても大丈夫です。天然繊維が50%以上入ってる場合はクリーニングに出してください!

って事をお伝えしています。
たまに化繊100%でも家庭洗いが×ってなってる物もありますが
丁寧にたたんで、洗濯用ネットに入れて洗ってもらえれば基本的に問題ないです。
あっ、レーヨン100%やキュプラ100%のニットを洗うのはNGなのでその化繊+αだけは注意が必要です。

が、

必ず、柔軟剤を使ってくださいねー。
ニット系を洗うと水分で汚れと一緒に油分とゆうか
繊維に染み込ませてある薬品等も流れ落ちるので
風合いが少しだけゴワッとするというか、肌触りがキツくなるというか
少しだけ影響が出ますので

風合いをフワッとさせるためにも柔軟剤を使ってのニット洗いがオススメです。

あと!
ハンガーで干すのではなく、
平干しだったり、などなど干し方も工夫してもらう事で
型崩れせずに乾燥させる事も気を使ってくださいねー。

意外と、洗濯よりも
干す時に気を配った方がいいニット製品も中にはありますので・・・(汗

という事で
このニットを洗えるかな?と不安になったら、

素材を見て化繊100%なら自信を持って家で洗いましょう!

15992092_1806685349596444_370167509_o-600x337

ABOUTこの記事をかいた人

神崎光博

神崎みつひろ、クリーニング部門の社長兼クラスタスの総合ディレクター。10代で80年続く家業のクリーニングを継いだあと、洗いや仕上げに数々の革命を起こしていく異端児。周りからはみっちゃんの名で親しまれている。