液体洗剤と粉洗剤って何が違うの?洗濯のプロがお答えします。

13509564_1725265417762211_1151967427_o
13509564_1725265417762211_1151967427_o

こんにちは。
宅配クリーニングネクシーのシミ抜き職人であり神崎です。

洗濯用洗剤の使い分けできてますか?

洗濯洗剤といえば

・洗剤コーナーは液体洗剤だらけだから液体洗剤買ってみた。
・粉末洗剤の方が安いから買って使ってる。
・エコのため粉石けんを洗ってる。
・アルカリウォッシュが流行ってるから酸素系漂白剤で洗ってる。
・ジェルボールをCMで見て可愛いし、手が汚れにくから使ってる。

といった買い方や使い方をしていませんか?
ただ、安いから、可愛いから、液体が主流だからといった選び方だと
まーーーーーったく汚れが落ちてないかもしれませんよ?

粉洗剤と液体洗剤では、衣類や汚れへの影響力が違うので効果をしって使い分けるのが洗濯が上手になるポイントです!

粉と液体の違いについてですが、大まかに違う所を見てみましょう。

「粉洗剤」
粉洗剤の殆どが『弱アルカリ性』です。
製品によっては皮脂などの汚れを落としやすくなる『酵素』や
白い物をより白く見せるための『蛍光増白剤』が入ってる事が多いです。
水には若干溶けにくく冬には溶け残りがあることも。

「液体洗剤」
液体洗剤の殆どが『中性』です。
界面活性剤が主体の液体で使いやすく、柔軟剤が一緒に混ざっていたり、
香料が強かったり、少ない水でも溶けやすい。
最近は第三の洗剤と言われるが中身は液体洗剤が入れられた物もある。

細かい事を言い出すときりがないですが
大きな違いで言えば

「粉が弱アルカリ」であり、「液体が中性」である事

まれに液体にもアルカリ性の物がありますが、
殆どの製品は中性である事が多いです。

汚れを落とすためには、汚れを浮かしたり、水に溶けやすくする
「界面活性剤」が活躍するのですが
界面活性剤の濃度的には液体が高いです。

ここまでだけで考えると液体洗剤が汚れ落ちが良いように思いますが

食べ物系の汚れだったり、
人間から出る汚れは
殆どのものが「酸性」の汚れなので

洗剤がアルカリ性である方が、中和作用が働く事。
アルカリ性は、脂分に触れると科学反応を起こして
一種の石鹸のような状態になるため
アルカリ性の洗剤の方が汚れ落ちが良いと言えるのです。

そのため、

汚れを落としたい場合は、粉洗剤が向いてるという事になります。

でも、
汚れ落ちが良いという事は
繊維や色刺激も強くなるという事。

アルカリ性に弱い繊維もあるので汚れ落ちが良いからといって
一概に「粉洗剤」が良いと言ったわけでもないのです。

最近のファストファッション。
ZARA、H&M、ユニクロ、GU、などが代表的なファストファッションブランドでしょうか?

色合いが鮮やかだったり、黒色や藍色が多用された製品が多いように思いますが
繊維や染色の仕方によっては、
アルカリ性の洗剤だと色に対する刺激が強すぎて色あせが早まる事もあります。
しかも蛍光剤入りの洗剤だと派手な色を目の錯覚でくすんだ色にしてしまう事もあるため

一概に粉が良いといったわけでは無いのです。

なので、
できれば、粉と液体を使い分けて
衣類によって最適な洗剤を選ぶ使い分けがオススメでもあります。

例えば、
白い物だったり、より肌に近い衣類に対しては、
皮脂汚れだったり、汗の匂いだったりに強い粉洗剤を使い

上着などのカラフルな色合いのものには液体洗剤で優しく洗う。

といった使い方がオススメです。
夏に汗をかきまくった衣類は粉洗剤がオススメですが
黒色などの濃い色の物には、やはり不向きですので
濃い色合いの物は毎日の洗いを液体で洗い
しまう前に汚れをリセットする目的で粉で洗ってしまう。
って洗い方が理想的ですかね。

って事で
粉と液体の洗剤の違いを説明してきましたが
わかりやすかったでしょうか?
実は、意外と奥が深い洗剤たち。
これ以上に、アルカリウォッシュだったり、漂白剤だったりと
通常の洗剤以外にもたくさんの洗濯にまつわるものがありますが
いろいろと使い方などを紹介していこうと思いますので
お楽しみにー

ABOUTこの記事をかいた人

洗濯ハカセ

神崎けんすけ、シミ抜き担当兼webクリエイターであり最高技術責任者。今年一番の衝撃は、人生で初めてマンガになったこと(笑 右も左もわからなかったwebプログラムを1年間修行しネクシーのサイトや当情報サイトを構築できるまでになった。最近は雑誌の取材協力に四苦八苦する毎日を送っている。