常に漂白剤は入れて洗った方が良いの?そんな疑問にお答えします。

img_product_01

img_product_01
こんにちは。
洗濯ハカセの神崎です。

個人でもブログをやってるのですが、facebookにブログを投稿していたら

液体や粉の漂白剤は常に入れて洗った方が良いのですかー?

と質問をいただきました。

答えは、

何をどう洗いたいのか?によるためyesでもありnoでもあります

・・・わかりづらいですね(汗

例えば、
この時期、「梅雨」ですよね。
雨が続くと生乾きの臭いが嫌になってくると思いますが

あれは雑菌の仕業です。

雑菌は水分があるとどんどん繁殖していき
臭いを発してきます。
その臭いを発する時間は約5時間以内に乾燥した方が良いと言われてますが
この雨が続く中、5時間で乾かすなんてちょっと難しいですよね。

そんな時にちょっとだけ猶予を伸ばしたり、
しっかりと汚れを落とすための洗剤の補助として入れるのはありです。

ただし、
汚れ落ちや、除菌目的としてのデメリットはありますが
衣類によっては、色が早めに退色したり、毛羽立ちだったりと
デメリットもあったりします。

この梅雨時期に入れて使うのはアリで
1年を通してずっと入れて使うってのはナシ。
なので、yesでもあり、noでもあるのです。

あと、漂白剤の種類にもいろいろあるので

酸素系の漂白剤を選びましょう!

と言うか、他の漂白剤は使い方を間違えるととんでも無い
事になってくるので注意が必要です。

あとは、
粉タイプは衣類に対する影響が強いので
今のファストファッションが先行する衣類だったら
液体タイプを使っていくのがオススメでもあります。

この辺を話始めると長くなりすぎますので
改めて漂白剤の種類や液体と粉タイプの違いについては
ブログ記事にしたいと思います。

除菌や、臭い取りたいなどの時は
酸素系漂白剤をプラスしたお洗濯をお試しくださいねー。

あっ、もう一個。
温度上げると漂白効果が強くなるので白い物以外だったり
洗い分けしない場合は、なるべく常温で洗ってくださいねー。

img_product_01

ABOUTこの記事をかいた人

洗濯ハカセ

神崎けんすけ、シミ抜き担当兼webクリエイターであり最高技術責任者。今年一番の衝撃は、人生で初めてマンガになったこと(笑 右も左もわからなかったwebプログラムを1年間修行しネクシーのサイトや当情報サイトを構築できるまでになった。最近は雑誌の取材協力に四苦八苦する毎日を送っている。