カビ対策必須!6月後半から7月頭にかけては特に注意した方が良い理由

13467445_1723927467896006_630042663_o

こんにちは。
洗濯ハカセの神崎です。

梅雨も、ようやく本番になってきたのか
私が住んでる長崎は一昨日からずっと雨です。

長崎は今日も雨だったって話は嘘じゃないの?
と思うくらい今年の梅雨は雨が降ってませんでしたが
ここに来て雨が続く日々が続いてるので

そろそろイヤーなあれが
活発に繁殖し始める時期でもあります。

その名も「カビ」!

梅雨の時期は、特に注意が必要なカビなのですが
この6月の後半に差し掛かってからの雨が続く時には特に注意が必要なんです。

13467445_1723927467896006_630042663_o

なぜかと言うと

室内の温度がカビの繁殖しやすい温度になりやすいから!

なんです。
5月後半から6月前半は
どちらかといえば、さほど気温も高くならないし、
湿度もさほど高くならなかったと思います。

せいぜい、湿度60%と室内温度が20〜25度くらいでしょうか?

これが、
6月後半になると
雨続きで地面からの湿気と
ぐんぐん高くなる気温で室内温度も上昇し

湿度が70%以上、室内温度も30度近くまで上昇する事も多々あると思います。

リビングは快適でも
クローゼットやタンスの中は湿度80%はざらにあるかもしれません。

カビが最も出やすい湿度や温度は、湿度80%以上、温度25〜30度の環境です。

この環境に到達しなければカビは生えにくくなるので

家の中すべての場所の温度を下げる事は難しいので、
最もコントロールがしやすいのは湿度ではないでしょうか?
エアコンがない場所などは、除湿機や除湿剤で、湿度65%以下に保ってあげるのが
カビを生えさせないコツです。

今年の梅雨は、前半雨がふらず
ある程度カビの発生も少なかったと思いますが
今からが最も、カビが繁殖しやすく危険な時期になりますので
油断せずにカビ対策はしっかり行ってくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

洗濯ハカセ

神崎けんすけ、シミ抜き担当兼webクリエイターであり最高技術責任者。今年一番の衝撃は、人生で初めてマンガになったこと(笑 右も左もわからなかったwebプログラムを1年間修行しネクシーのサイトや当情報サイトを構築できるまでになった。最近は雑誌の取材協力に四苦八苦する毎日を送っている。