洗濯が上手になるコツは「よく溶かす」臭いやカビにくくしたい方にオススメ

nexcylogo

こんにちは。
洗濯ハカセの神崎です。

洗濯が上手になるコツは洗剤をよく溶かすコト

nexcylogo

あなたは洗濯する時に何を使っていますか?

液体洗剤ですか?粉洗剤ですか?
それとも粉石鹸?
エコ目的で重曹やセスキ炭酸ソーダとか

だいたいここまでいえば何かは入れてると思います。
と言うか、これ以外の成分以外の洗剤目的で使ってたら
ぜひ教えてください(笑

さて
この上で挙げた洗剤ですが
洗濯で使う時には「ちゃんととかしてますか?」

ほとんどの人が「ちゃんと溶けてると思う」だと思います。
そもそも洗剤がきちんと溶けてるか見てないっすよね(笑

ご存知の通り、
粉洗剤はもちろん溶けにくいですが、
液体洗剤もドロドロしてて以外と溶けにくいのです。
粉洗剤よりはマシですけどね(笑

この洗剤が
溶けてない事で
汚れ落ちが悪くなったり、
洗濯して乾いた時にあの梅雨の時期は特に
いやーな臭いを発する原因になったりするのです。

そもそもは、
洗剤の効力が足りずに、
汚れを落としきっていないので
雑菌が活発になり異臭がするといった原理なのですが

粉だろうが、液体だろうが
ぬるま湯で溶かした状態を入れた方が
確実に汚れ落ちが良くなるので、

梅雨前の時期は特に

洗濯洗剤は一度溶かしてから入れるのがオススメ

なんです。

特に、最近の最新型は
斜めドラム式はもちろんのこと、縦型洗濯機も
上位機種は節水機能が付いているので

より、洗剤のとけ残りが多かったりと汚れ落ちが悪くなる
傾向にありやすいので
最近の洗濯機を使ってる方にも洗剤を溶かして入れる方法がとってもオススメです。

洗濯が上手になるコツ。
洗剤を溶かして入れるお話でしたー。
ではでは。

ABOUTこの記事をかいた人

洗濯ハカセ

神崎けんすけ、シミ抜き担当兼webクリエイターであり最高技術責任者。今年一番の衝撃は、人生で初めてマンガになったこと(笑 右も左もわからなかったwebプログラムを1年間修行しネクシーのサイトや当情報サイトを構築できるまでになった。最近は雑誌の取材協力に四苦八苦する毎日を送っている。