服についた臭いを取る方法

細かい繊維を織り上げて作られている洋服は、タバコ・焼き肉などの食べ物・香水に含まれるニオイの粒子を繊維に吸着させるため、気になるニオイとして残ってしまうのです。このようなニオイは早めに対処する必要があります。

スチームアイロン

カシミアのセーターやウールのコートなど、なかなか洗えない洋服にニオイがついた場合は、洋服にスチームアイロンの蒸気をかけてから陰干しで洋服を乾かします。スチームアイロンから出た蒸気が洋服の中に入り込んでいき、ニオイを外に出してくれるのです。スチームアイロンのない方でも、濡れたタオルを洋服の上にのせた状態でアイロンをかけるか、霧吹きで服全体に軽く吹きかけ陰干しでも大丈夫です。

お風呂の湿気

入浴後の湯気が立ち込めるお風呂場に、ニオイの気になる洋服を1時間ほど吊しておく方法です。これだけでニオイが取れるのか不安に覚える方もいるでしょう。洋服についたニオイをお風呂場内の湿気が吸収してくれるので、ニオイが取れるという仕組みです。しかし、湿ったままの洋服をそのままクローゼットに入れると、カビや虫食いの原因になるので、1時間経ったらしっかりと乾燥させることがポイントです。

ドライヤーで飛ばす

出張先などで背広についたニオイを素早く取るには、ドライヤーの冷風機能を使えば簡単に飛ばすことができます。背広やシャツから10~20センチ離してドライヤーの風をあてるだけで、表面に付着したニオイの粒子を飛ばし気になるニオイを薄めることができます。あくまでも応急処置としての方法ですから、繊維の中まで染み込んだニオイを完全に取り除くことはできません。

それでも取れない頑固なニオイというものもあります。宅配クリーニングであれば手間もかからず、コンシェルジュが検品を行いますので、キレイで高品質な状態で仕上がります。ネクシーはインターネットの利用で全国各地を対象に、宅配クリーニングサービスを行っています。会員になると通常料金よりもお安くなりますので、会員登録をおすすめいたします。シミ抜きは無料となっていますので、お気軽にご利用ください。