洗濯マークをチェックしよう

衣類は洗濯法を間違えると色あせしたり、縮んだりすることがあります。家庭で洗濯をする時に自宅で洗える、洗えないと正確に分けることができる方は少ないでしょう。こちらではその判断基準についてご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

家で洗えないもの

衣類には取り扱い表示というものが必ずついています。その取り扱い表示を参考にすれば、見分けることができるでしょう。「洗濯機マーク」や「手洗いマーク」などがついているものは自宅で洗濯することができます。洗濯槽の絵にバツマークがついているものは、基本的に自宅で洗うことはできません。例としてはウールやシルク、レーヨン、毛皮などがあります。このように自宅で洗うことのできない衣類は、クリーニングへ頼むといいでしょう。その中でも宅配クリーニングは便利なサービスです。

法律で定められた洗濯マーク

洗濯マークは(絵表示・記号)などは、法律で衣類に取り付けることを義務づけされています。この洗濯マークはJIS(日本工業規格)により、テスト方法が定められており、厳しい審査を通ったものにつけられています。衣類それぞれによって決められた洗浄テストを実施し、洗浄テストで適合する洗濯マークを表示するよう決められています。

しかし、アパレルメーカーなどでは洗濯マークをつけるのに慎重を期しているので、中には洗濯にバツマークがついていても洗えるという場合もあるようです。しかし安易に洗濯機を使うと洋服が縮んでしまったり、色移りしてしまったりと、トラブルが発生することもあります。心配な時はクリーニング店にお任せると安心です。

宅配クリーニングサービスは、仕事や育児など普段忙しい方のために考えられた新しいサービスです。パソコンやスマホからネット予約をすると、翌日宅配業者が取りに伺います。仕上がりも早いので3~5日ほどで仕上がります。

ネクシーは、九州を中心に全国を対象として宅配クリーニングサービスを行っております。クリーニングのプロが運営しており、専属の工場でクリーニングをしています。料金もお手頃で、一部の地域は送料無料です。お客様からお預かりした背広やブラウス、カーディガンなどコンシェルジュにより一点一点丁寧に検品を行っていますので、安心してご利用いただけます。