種類によって変わる汚れの落とし方

汚れにも種類があり、それぞれに適した洗濯法があります。大きく分けて油溶性・水溶性・不溶性の3種類をご紹介します。

油溶性汚れ

水をはじく特徴をもち、油脂・ろう・グリース状の汚れです。動物の脂肪や植物油、鉱物性の油分などが含まれています。この汚れは、人が発する分泌皮脂や野外の油煙、排気ガス・飲食物が原因となっています。これらは主に食べ物でいえば、チョコレート・ミートソース・マヨネーズ・カレーなどが挙げられます。油脂は水に溶けないので、洗剤やグリセリンを用いて水溶性に近づけて溶かしてから、汚れを落としていきます。

水溶性汚れ

水によく溶けて、水に分散して落ちてくれる汚れです。これらの汚れは見た目や手触りで確認することができます。しかし、日常生活の中で気づかないうちについていることもあるので注意しましょう。この汚れは、食塩・砂糖・ジュース・スープなどの飲料物になります。水溶性の汚れは他の汚れに比べると比較的落ちやすい汚れではありますが、長期間放置しておくと酸化が進むので水に溶けにくくなることもあります。

不溶性(固形汚れ)

油性汚れや水溶性の汚れに比べると頑固な汚れです。この汚れは砂・ホコリ・鉄粉・粘土などになり、主に空気中のゴミに含まれています。手洗いや洗濯機などで力を加えて洗い、水中に汚れを分散させてから落としていきます。

これらのような汚れは、すぐに気づけばご家庭でも落とすことができます。しかし、時間が経って落ちにくくなった頑固な汚れは、洗濯のプロであるクリーニング店を利用するのがおすすめです。汗取りやシミ抜きなどはプロの技できれいに仕上げます。

頑固な汚れで対処できない場合は、長崎にあるクリーニング店ネクシーをご利用ください。長崎にあるネクシーはインターネットによるクリーニング宅配のサービスを提供しております。長崎・福岡・熊本など九州を中心に行っています。料金もリーズナブルなので、お気軽にご利用ください。スーツ・ブラウス・カーディガンなどお客様の大切な衣類を丁寧にクリーニングいたします。