衣替えとクリーニング

そもそも衣替えは、季節の変わり目に衣服を変えることであり、今では慣例化しておおよその日程で行われていますが、平安時代にはすでに、当時に暦である陰暦の4月1日と10月1日と明確な日付まで決まっていました。

そんな衣替えの時期はクリーニングを行うのにも最適な期間でもあります。新しい季節を快適に過ごすために、衣替えでもクリーニングを上手に活用してみませんか。

クリーニングは着る前ではなくしまう前に

例えば夏物から冬物へ衣替えを行うとき、夏物は洗濯だけで済ませて仕舞い、冬物はクリーニングしてから着るという方は多いでしょう。

しかしこれは、クリーニングの面から見るとあまり良い方法とは言えません。しばらく経って今度は夏物を取り出したときに、洗濯で落ちなかった細かな汚れ・細菌が長期間放置されたことによって、黄ばみなどのそう簡単には落ちない汚れになってしまうことがあるのです。

着る前ではなく、しまう前にクリーニングを行うことをおすすめします。クリーニングを行い適切に保管することで、翌年もお気に入りの服をすぐに楽しむことができるのです。

季節に合わせたクリーニング

夏物の衣類、特に白物のクリーニングは行ったほうが良いです。ドライクリーニングはもちろん汗抜き処理となるウェットクリーニングも合わせて行うことで効果的な洗浄になります。

冬物は厚着をすることから、夏物以上に多くの種類の衣類を扱うことになります。多くの素材を扱うことになるわけなので、やはりここでも専門的な知識を持ち、的確な処理を行えるクリーニングに任せることをおすすめします。ネクシーではシミ抜きなどの一部サービスを、追加料金を受け取らず無料で行っております。

自宅で洗浄できるものは自宅で処理しても大丈夫ですが、素材にあった洗剤を選び、なんでも洗濯機に頼らずデリケートな衣服には手洗いをするなど衣服の表示に合わせた選択を行うべきです。

収納棚の清掃も大事

クリーニングを行っても、衣服を収納する収納棚がキレイでなければ変わりません。ゴミ・ホコリを取り除き、防虫剤・除湿剤を使用して長期間の保管も安心して行える環境づくりをしておきましょう。

ネクシーでは九州を中心に全国各地を対象とした宅配によるクリーニングサービスを行っており、旅先・出張先のホテルからなどでも、背広をはじめとした衣服の受け取りも可能です。ただ安いだけでなく手厚いクリーニングを行い店舗型とも変わらない料金で、送料でも一部無料のサービスがございます。気になる点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。