クリーニングに出すときに気をつけること

お仕事や就職活動などでスーツ・背広を着る機会は多いと思います。スーツのメンテナンスとしてクリーニングをご利用にされる際に、気をつけるべきことは何でしょうか。スーツとは別に、普段着用する機会の少ない衣服も長く大切に使って行くためにも、ぜひ参考にしてください。

汚れの有無、位置の確認と報告

スーツに限らず、衣類全般にいえることですが、汚れを把握し、事前に伝えておくとお預かりした後も、よりスムーズに対応することが可能です。特に直接顔を見てのやり取りが行うことができないネットでの宅配サービスでは、これらの報告は貴重な情報になります。引渡しの際に衣服に関するメモも一緒に同包しておくと良いでしょう。

汚れ以外にも、ほつれやボタンの有無、ポケットの中身の確認など細かい点で気づいたことがあれば、合わせて報告するとより効果的です。

必ず上下セットで出すこと

たまにスーツの上だけのクリーニングをお願いするお客様もございますが、基本的にスーツのように上下ワンセットとなるもの、取り外し可能なフードやベルトがセットとなっている衣服は一緒にクリーニングに出すことをおすすめします。片方だけ出してしまうと、クリーニングによる僅かな色の変化でも目立ち、統一感のないものとなってしまう恐れがございます。風合いなどを保つためにも、セットで出した方が良いのです。

クリーニングから戻ってきた後について

輸送時のホコリから守るために付いているビニール袋は、通気性を保つためにも必ず外してください。そしてクリーニング後の衣服は、一度袖を通した服とはなるべく別の場所で保管を行うようにしてください。カビや細菌など目に見えない汚れが広がる恐れがあります。

ネクシーではインターネットによる宅配のクリーニングサービスをおこなっております。ネット予約も早いうえに、店舗型と変わらない料金で、一部送料無料の宅配サービスも行っております。忙しくてクリーニングになかなか出せないという方必見です。

どうぞお気軽にご利用ください。